--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/01/03 Tue
今日は初詣いきますよー!
岡山は備前、吉永駅にほど近く
田倉牛神社というところ。

名前通り、牛だらけー!!

わあ!

こちら、牛の置物を奉納して、そのあと自分の家に持ち帰り、
願いがかなったら置物を奉納し直すのですが、
その際には新しい置物と共に奉納し、また家に持って帰るきまり。

奉納といっても、この牛の山に置けばよく、
持って帰るのはだれかが同じように奉納したものの中から
自分がピンときた子を取るだけ(一度置いた自分の買った牛を持って帰っても可)。


我が家に連れ帰ったのはこんな顔の子です。手前が私の、奥が家人の(^_^)

そもそも豊作祈願の神社なので、
現代的には商売繁盛の祈願もOKだそうなので、
しっかり可愛がってお仕事しっかりげっとしようー\(^o^)/


さて、この牛、何気に備前焼です(^_^)
備前焼の本拠地、伊部も近いので、
せっかくここまできたし、と足を延ばしてきました!

あまり茶色でごつごつした素焼には惹かれない私ですが、
いろいろみているといろんな色があることに気づかされました。
特に「青備前」と呼ばれるものたち。
青というか、灰色や銀色という方がわかりやすいかもしれません。
これも茶色のものと成形までは同じく作るんだそう。
釉薬をかけない備前焼でどうやって色を変えるかといえば、
通常だとマキでつかった松ヤニなどが自然の釉薬として降りかかり変わるのですが、
青備前の色の変え方はちがうんだそう。
なんでも通常の備前とは焔の種類が違うんだそうで、
還元焔で焼くとこんな色になるんだとか。
通常のは酸化焔。マッチの火とガスバーナーの火の色の違いってことみたい。

それから土の粒子を細かくして、するっとした手触りのものもあったり。
備前じゃないみたいで新鮮!
やはりいろいろ聞いたりみたりすると楽しいですねー。
そんなこんなで我が家にもおちょこなどを連れて帰りました(^_^)

んふふ、かわいい!



今回は備前市を楽しむ岡山帰省になったなあ(^_^)
誘ってくれた友人家族に感謝!
またあそんでねー!!
次会う時にはお子様ズもまた大きくなってるんだろうな(^ω^)
それもたのしみ!
関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。