--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/03/08 Thu
今日はつぶやいていろいろ分かった面白い日でした。

ひとつはお皿。

京都進学の前(14年前?)に親に買ってもらった皿を
今も気に入って使ってるんですが、
皿好き深まった昨今この皿の正体が知りたくなりまして。

たしか購入はあそこ…と、何気なくツイッターで検索してみたら
お店である天満屋岡山店のなかの人ツイッターを発見!
質問どうぞと書いてあったので、
14年も前の事分かるかしらと思いつつも試しに聞いてみたら
今日きっちりしたご返答いただけた!!!

何でも長崎波佐見の協立陶器さんのお皿だとか。
そして、もう作ってないお皿であるとの事、
買い直しはもう出来ないので大事に使おうっと!
(専門学校時代に一枚割ったのよねえ(涙))

うわあ、すっきり判明した!すばらしい!!

ちなみにこんなお皿です!

この紺色のぐるぐる、「呉須巻」って呼ぶ絵付けなんですって。
呉須はこの皿を手にして以降ずっと好きな色なので、
手元にもいろいろ青い器が集まってきましたが
使いやすいのはやっぱりこの皿だったりするんですよね^^
ふちがぶ厚くてかっこいいのだ!




それからもう一つ分かったのはある絵の作者。

高校時代(16年前?…わあ、そんな前かw)の
美術の教科書に載っていて、
すごーく精密なタッチの風景画なんだけど
中央に描かれた牛がやたらとおしりが直角で
「え、牛のおしりってこんな直角?!お尻に肉無いの?誇張過ぎでしょ!」と
若干信じてなかったのだけど、
あとで牛の写真見たら本当にお尻が直角な事を知って
衝撃とともに記憶に残った絵がありまして、
(絵のメインじゃないところで記憶されてる不憫な絵^^;)



「あれもう一度見たいな誰の絵だったんだろう。」

ってつぶやいてみたら友達がさくっと教えてくれました。

アンドリュー・ワイエス
「Cow in a Pasteur」


海外の絵画販売サイトRemedios Varo Art
画像があったのでリンクさせていただきます。

今見たら直角よりも鋭角っぽい!
そしてやっぱりかっこいい絵!! 
もう一度見られて嬉しい!!



いやはや、いろいろつぶやいてみるものですね^^
ネットってすばらしい!
しかし、お尻が直角というヒントだけで
ワイエスってわかった友達すごいな(^_^)
関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。